その笑顔咲かせて

つまり君は僕の一番だよ

担降りしたことのない私が担降りというものについて真剣に考えてみた件。

どうも。ゆんです。ひたすらに放置してたまーに書き殴るというスタンスですが割と真面目にいろいろ考えたことを書くようにしたいんですよね。まあ真面目にジャニーズのことを考えて書くようにしたいということで真面目なのか真面目じゃないのかわかりませんが。ジャニオタってそういうもんじゃん?(自己解決)

 

そして今回は担降りについて考えました。

そもそも担降りとは何なのか。まとめると応援しているジャニタレorグループのファンを辞める、また、他のジャニタレorグループのファンに変わることとでもいえばいいのでしょうかね。

 

私は嵐を好きになるまでジャニーズには一切興味がなくて担降りについて真剣に考える未来が訪れるとはこれっっっぽっちも思ってなかったな。人生って何が起こるかわからんね。わからんよ。

 

 

 

この記事を書くにあたって、何人かの方の担降りブログを読ませていただきました。

いままで、担降りというものがまったく頭になかった私はそんな、わざわざ報告するほどのことなの?とか思っていたり。

 

でも、中島健人を知って、セクゾにハマって、掛け持ちをするようになって。担降りというジャニオタならではの文化の持つ重さがずっしりと、自らに降りかかっているのです。

 

ここまででお察しの方もいるかと思いますが、私はいま、悩んでいます。

嵐さんからの担降りを。あんなに大好きで、生活の中心で。何よりも幸せを与えてくれた嵐さんからの卒業を。

 

私はもともと掛け持ちNG派でした。何で掛け持ちなんかするんだろう?掛け持ちの人を見るとそう思ってしまっていました。正直、今でもその気持ちは完全には拭えません。だからこそ、いま、掛け持ちをしていて、嵐さんにもセクゾちゃんにも、申し訳ない気持ちがあります。

 

そして、自分がいま、どっちに重点を置いているのか。いくら考えても私がいま一番大好きで会いたくて。その人は何度考えても、Sexy Zone中島健人です。

 

だからといって、簡単には、嵐から、嵐の相葉雅紀から降りるなんてできません。最近は冠番組も全然追ってないし、たまにしか観ないけど、それでも相葉さんは私の大好きな人に変わりはありません。

 

今すぐに担降りをしようってそういう訳ではないのですが、この記事の公開を以って、嵐さんとは今までよりも距離を置こうと思います。

多分、ていうか絶対、嵐さんのCDもDVDも手放すことはできないし、ライブもワクワク学校も決まれば応募するし当たれば行くけど、今までの熱を持って応援はできないかな。

 

うまくまとめられなかったんですが、嵐さんのことはこれからはゆるいオタクとして応援していこうと思います。

 

私がいま、胸を張って担当と呼べるのは、中島健人です。

 

 

この記事を載せているTwitterのアカウント @yun___mk はもともと嵐垢として開設しました。今までも割とそうだったけど、これからはよりセクゾちゃん関連のツイートに寄ると思います。嵐オタとして繋がった方。リムブロしていただいても構いません。いままでありがとうございました。それでも仲良くしようという嵐オタの方。嬉しいです。これからもよろしくお願いします。

 

 

 

余談。

この記事を書き始めてから公開するまでに、1週間以上かかりました。担降りでもないのに、この決断をするまでに随分と時間がかかりました。それほどまでに、嵐から、相葉さんから離れるというのは、気持ち的には辛いところです。でも、離れると宣言して心が軽くなりました。矛盾してるようだけど、これが本当の気持ちです(笑)

 

 

 

ここまで読んでくれた方、ありがとうございました。だいすきです!