その笑顔咲かせて

つまり君は僕の一番だよ

忍びの国を観たよ。

はろー。最近更新止まってるなーってことで、久々に更新しようと思います。笑

 

7月9日にTOHOシネマズ梅田にて映画「忍びの国」を鑑賞しました。レビューを見ていると割と高評価なんですね〜。でもおたくばっか!私は映画通の人の評価を見たいんだけど!

ということで、(どういうことだ?)私なりの感想いっちゃうよ♡

ちなみに私は映画好きですが通ではありません(笑)悪しからず。

また、この記事には多少のネタバレが含まれますので今後鑑賞予定の方はご注意くださいまし。

 

 

 

 

ジャニーズの映画って、俳優班(と勝手に呼んでいる)のメンバー以外はだいたいその人のキャラクターに合う役が回ってきてるイメージがあります。この映画はそれが本当に顕著でした。

大野智のための映画。だから、フラットに観ることのできない大野担からの評価は高いのかな。と思います。個人的な評価としては面白いか面白くないかの2択でいえば面白かったです。ただ気になってしまった点がいくつかある、といったところですね。

 

 

まず、大野くんのキャラが立ちすぎていてせっかくの豪華なキャストなのに、他の方のキャラクター設定がわかりにくい、と感じました。

無門がすごい、ということはわかったのですが、お国が一体どういう方なのか、無門のどこに惹かれたのか?恐れられている大全の凄いところは?平兵衛の生い立ちは?十二なんちゃらとは一体?などなど、消化不良のまま物語が進むので話が入って来ないことが多々ありました。

 

次に演出の問題。

無門のスーパープレイが何度かありましたが、その演出が散らばっているように感じました。

もちろん、全て同じ演出にすると飽きてしまいます。が、土台は同じにしてほしかったかな、と。突然の毛色の違う演出に違和感を覚えました。

 

そして、無門の設定に無理がありすぎたのかな、と思わせる点。

無門は本当に凄い忍者として描かれていました。向かうところ敵なし、という表現が正しいのかな、というくらいの瞬発力を見せた人間が、平兵衛との「川」で手こずるとはどうしても思えません。いくら平兵衛が他の忍者と違っていたとしても、あれほどまでの瞬発力と戦闘力を持つ無門ならば一瞬で勝てる相手だと思います。

 

最後に、個人的にはこれが1番ナンセンスだと思ったんですが……。

映画は基本的にどんな映画にも何かしらの「問題提起」があります。この映画にも最後の方に描かれていました。が!なぜそこで現代の映像を重ねてしまったのでしょうか。残念でなりません。

歴史物の作品であるからには、その中で現代に通ずる問題提起をすべきだと思います。それがうまく伝わるか不安だからといって現代の映像を歴史物の作品の中に映しこむなんて……ちょっと反則技だな、と思いました。

 

 

他にも細かく突き詰めれば気になることはありますが。

まあ…大野くんが輝く娯楽映画としては面白かったんですけどね……途中間延びしたようにも感じたので、私的には少し残念な作品ではありました。予告のときからそんなに期待はしていなかったのでいいんですけどね(笑)

 

大野くんにまた魔王の成瀬様みたいな役をくださーーーい!!!

 

ほな。

5人5様の素晴らしさ

今週のお題「私の沼」

 

はろー。はじめてお題というものに挑戦しマリウス。今週のお題は「私の沼」。

もうそんなの、中島健人さんに決まってる!!って、言いたいとこなんですが!

私の沼は完全にSexy Zoneというグループそのものです。とにかく沼です。ひとりひとりが沼、それも透き通った天然水で満たされた沼という素晴らしいグループであります。

 

ひとりひとりが沼、ということでそれぞれどの辺が私にとっての沼なのか。暇人だから羅列しましょう。

 

まず、菊池風磨くん。

爆モテの沼。

同じ学校にいたら間違いなく恋をするタイプ。カースト上位集団の中でも最上位に君臨する風磨くん。悪さもするし目立つ。けど頭が良くて色々な方面から一目置かれるタイプ。綺麗めなギャル系の女の子と仲良くしてるけど、実は清楚で真面目で内気な素朴かわいい女の子に恋してそう(沼とは関係ないです)。

かく言う私はカースト上位集団とは全く関わりがなく、風磨くんのことも興味なかったけど、ふとしたきっかけで良さに気づいてしまいあれよあれよと恋してしまう。

実際セクゾにハマるまで風磨くんはぶっちゃけそんなに好きなタイプのジャニーズではなかったが、ちびーずとの関係性やら何やらを見て考えが変わった。好き。

 

 

マリウス葉くん。

大天使の沼。

言わずと知れた大天使マリちゃん。大きくなっても中身は天使♡なマリちゃん。甘えん坊で可愛くて……って勝手なイメージがあったけど、色々乗り越えてきた強さも味方につけて、綺麗な歌声もこれから武器にして、英語も武器にして……かわいい〜〜ファンサも武器にして……!とにかく武器が多いマリちゃん。マリちゃんの美しさと強さには惹かれずにはいられません。

 

 

佐藤勝利くん。

存在が沼。

勝利くんは美しい顔面ですでにひれ伏したいという気持ちしかないですが、それに加えて常人には持ちえない謎の決意(世界平和、花粉症の人を救いたいetc.)を持っている。という冗談はさておき。勝利くんは良くも悪くも考え方に一本筋があって、何事も言い切っているのがとてもかっこいいなとずっと思ってて。本当に強い。

ジュニア歴が浅いままセンターを任され、(敢えてプラスの捉え方をすれば)成長の機会を与えられた聡マリとは違い、常に完全体でなければならなかった勝利くん。彼こそ、本当に大変な立場だったと思うけど、絶対的センターとしての今の彼は最高に輝いてる。

 

 

松島聡くん。

ジャニオタ。

聡くんは、自らもジャニオタなだけあって、オタクが何をすれば喜ぶかわかっている!でなければこんなことにはならない………。

セクゾのライブ映像を初めて観たときまず思ったのは、「あっ……沼だ………聡くんが沼なんだ………盲点…」でした。しかもかっこよくなってるうううぅ!?!?デビューしたときおさるやったやん!?!?!?何がどうしてこうなった!?!?!?いやはやジャニーさんは先見の明があるなぁとつくづく。

個人的にジャニオタをつくポイントといえば、天然でおばかちゃん、歌が上手い、ダンスが上手い、歌もダンスもいまいちだけど常に一生懸命、顔がかっこいいまたはかわいい、というのがまず思いつきます。このパッと思いつくだけでも聡くんに当てはまる項目の多さ。どのタイプが好きなジャニオタにもハマる可能性を秘めていると思ってます。個人的には後の相葉くんポジだと思う。現状個人仕事は少ないけど、人気が安定してきた頃にいちばんCM契約が増えるタイプ(笑)

 

 

中島健人くん

ただの沼。

なんか説明するのもめんどくさくなるくらい、何もかもが沼。

まず顔面。好き。スタイル。好き。歌声。好き。謎の作詞作曲。好き。……いろいろな好きがあるけど、やっぱり健人くんのいちばんの魅力はいつでも全力でアイドルなところだと思います。

「アイドルらしくない」アイドルが多くなってる現代で、とことん「アイドルらしい」健人くんはある意味では新しくて特異な存在で。そんなアイドルらしさは時に誤解を生むけれど(全部キャラなんじゃないかとか)、実際はいつだって本気で。そんな彼に気づいたら最後、健人沼からは抜け出せなくなります。でも、とても幸せな沼。絶対的に幸せになれる沼の底に沈めて毎日がSexy Happyです。

 

 

そして、Sexy Zone。

キラキラな沼。

とにかく顔面偏差値が高くて、立ってるだけで絵になるキラキラアイドルグループでありながら、上へ上へという向上心を持ち合わせていて、オタクが好きそうな劇的なストーリー性を持ったグループだと思います。

成長の過程をまざまざと見せつけられるこの感じ、オタクは絶対好きだよなー。私は好き。

そして仲良くわちゃわちゃっていう、これもオタクが好きそうな雰囲気……。沼だ……(無理やり完結)。

 

 

ただただセクゾの好きなところを挙げるだけの記事になりましたが、これにて終了します。

さいなら。

Sexy Zoneのみなさんにソロ曲シャッフルをやって欲しいと心が叫びたがってるんだ。

どうも。ゆんです。はろー。

どうでもいいけど文字サイズ変えました。今までは小だったんですけどなぜか改行するたび設定が変わってめんどくさかったんですよね(至極どうでもいい話ですみません)。

 

いまだにSTAGEロスが抜けきれない今日この頃ですがみなさんいかがお過ごしでしょうか。私は過去ツアーブルレイ観ながらSTAGEツアーに想いを馳せてます。

それで思ったんですけど、ふまけんソロ曲5人でやったことだし、それぞれのソロ曲シャッフルしたくないですか?いやしたい。ということで自己満の塊ですがいってみよーう!(前置きが適当過ぎたので置いていかれないようにご注意ください)

 

まずは、マリウス葉くんに歌ってもらいたいソロ曲!こちら!

It's Going Down! / 菊池風磨

この結果は完全にSTAGEツアーのマリちゃんパートにひきずられた結果です。

あの透き通るような「夢を見ているような 流れる瞬間抱いてが忘れられません・・・。この音源が欲しくてたまりません。

また、この曲は結構英語が多いんですよね。そこでマリちゃんの英語力もいかせるし、さらにラップ調のところではいままでの可愛いマリちゃんとは一線を画するワイルドマリウスが発掘されそうなのでぜひ一度やってほしいな、と思います。きっと似合うはず。

 

そしてお次は松島聡くんに歌ってもらいたいソロ曲!こちら!

Black Cinderella / 中島健人

もしかすると少し意外に思われる方もいるかもしれません。が、しかし!成長して大人の色気漂ってきてかつ、少年っぽさも残す今の聡くんに、ただただ「Black Cindy」のあとの不敵な笑い声のあの部分(伝われ)をやってほしいんです・・・!もはや曲じゃないんですけど、STAGEツアーのブレマイを観てからというもの、どうしても彼にブラシンをやってほしくて仕方がないのです・・・。ダンスもきっといい感じにエロく踊ってくれますしね。笑い声とダンスで圧倒的ブラシンの大勝利です(何が言いたいのかわからない)。

 

お次は絶対的センター佐藤勝利くんに歌ってもらいたいソロ曲!こちら!

Break out my shell / 松島聡

勝利くんの目力でこの曲歌ったら強そうじゃないです?ってだけで選びました。特に出だしの「戸惑いを 飼い慣らせないまま」ですごく睨まれたい。

勝利くんのダンススキルがすごく上がっていると素人目に感じるんですよ。あんまりガシガシ踊るイメージのない勝利くんにガシガシ踊ってほしいです。金髪希望。サイド流し希望。よろしくおねがいします。

 

そして菊池風磨くんに歌ってもらいたいソロ曲!こちら!

ダンケ・シェーン / マリウス葉

私ですね、風are愛ing-アイシテル-のぶりっこかわいいふうまくんが大好きなんですよ。だから可愛い曲をやってもらいたくて。我らがKENTYのCANDY(らぶ!ふまたん!)と悩んだんですがせっかくなので5人全員のソロ曲を選びたいな、とダンケシェンを選びました。サビをブリブリかわいくふにゃっと笑顔で歌って踊ってほしいです。あとジュニアと並んで手叩いてる(間奏)ふうまくん想像しただけで飼いたくなりませんか?私はなりました。

 

最後。最年長中島健人くんに歌ってもらいたいソロ曲!こちら!

Why? / 佐藤勝利

いやー、これ一択。なぜかって?決まってるじゃないですか。「好きさ・・・」を言わせたいからですよ!!!!!

この曲健人くんが歌ってもすごい似合うだろうなーって初めて聴いたときからずっと思ってて。ステージを右へ左へ動きながら歌っている姿、サビでジュニアを引き連れてどセンターで踊る姿が容易に想像出来ました。オリジナルの「好きさ・・・」はなんていうかエロい無表情(?)じゃないですか?健人くんの「好きさ・・・」は挑発的な笑みでお願いしたいです。そんで「1,2,3,4」と指で数えつつ真正面を見据えながらモデルウォークで迫ってきてほしいです。え?健人くんやったことある?ってくらい映像化余裕なんですがまだやってませんか?そもそも健人くんにWhy?歌ってほしいなーから始まった記事なのでここだけ他より熱量を感じるかとは思いますがお許しください)

 

ふー。楽しいなー。本当にやってほしい。他の方がどう思うかも気になるところなのでお暇な方は教えてくだぱい。こっちの方があってるよ!とかも是非!

 

さ、ブルレイ続き観よ。

#SexyThankYou

どうも。ゆんです。いつもこれからはじまるな?うざいな?

 

それはそうと、ついにラストを迎えましたね。ていうか終わってしまいましたね。

Sexy Zone presents Sexy Tour 2017~STAGE。この公演についての感想は以前の記事でめちゃくちゃ語ったのでもう書くことは...ないと言ったら嘘になるんですけど。公演に関してはもうどんな言葉を用いても陳腐なものにしかならないので書くのはやめようかな、と思います。ではなんでブログ更新するのかと。完全に自己満足なんですけどね。STAGEの感想ブログを書いた後、もう1公演(5/3の横浜アリーナ公演)入って、そして5/7オーラスのレポを読んで、備忘録的に書いておきたいことがあるというか。間違いなくこのSTAGEは今後のセクゾにとってのターニングポイントになるだろうし、色褪せないうちに今後の自分のために書き記そうと思いました。ということでまとまりないし自分語りなので読まなくていいです。読んでくれてもいいです。途中でやめてもいいです。そんなこと言ってないで早く書けと。

 

私がセクゾを好きになったのって本当に最近で、初めて買ったセクゾの作品はSexy Zone 5th Annniversary Bestなんですね。2016年11月16日発売の。それも発売された何日後?とかそういうレベルです。5周年記念イベントの応募にギリギリ間に合うくらいでした。

11月12日放送の「嵐にしやがれ」にセクゾが出たのがきっかけでずぶずぶ沼にはまったんですね。

 

そういうこともあり、私は3-2時代はほとんどわかりません。嵐担をやっていたので一般人よりはその状況を知っていたかもしれません。ジャケ写の聡マリがふまけんしょりに比べて小さく映っているとか、ついに3人のシングルが出たとか、そうくんがSexy 松、マリがSexy BoyzとしてJr.と組むことになったとか。それくらいはなんとなく知っていたし、ゴコイチ嵐が好きなこともあり、5人で活動できなくてメンバーももちろんだけどファンも可哀想だな、と思っていました。と同時に、メンバー脱退やらグループ解散やら分裂やらは私が一番といっていいほど敬遠していたことだったのでSexy Zoneを応援することは今後ないだろうと。5人に戻ったとしても、そんな時代を経験して皆が対等な関係を築けるわけないし、とそう考えていました。

 

それがどうしたことか。しやがれで健人くんのモノマネにやられ、紆余曲折ありまず中島健人という人を好きになりました。そしてバイト先の社員さんに「セクチャン面白いよ」と勧められ、観てしまったが最後。3-2時代でも対等に、5人グループとして存在し絆を深めていたSexy Zoneがいました。そして、ただのラブホリだと思っていた健人くんの全力でふざける姿を見て、中島健人という人間をもっと知りたくなったし、こんなにふざける姿を見せられるSexy Zoneというグループを知りたくなりました。"Sexy Zone中島健人"を好きになってしまいました。そこからは早くて、昨年のツアーBDを買ったりファンクラブに入ったりそれはもうものすごい勢いでオタクへと成り替わりました。

 

そしてクリスマスにツアーが発表されました。本当に、ここまでの流れが奇跡的だし、私はSexy Zoneを好きになる運命だったんだなあとツアーを終えたいま思います。このタイミングでなければ、ここまで彼らを好きになることはなかったかもしれない。ツアーで泣くことも、オーラスの日に柄にもなく薔薇アイコンにすることも、STAGEを聴きながらオーラスのレポを読むだけで号泣することもなかったかもしれない。そしてツアーを終えた今さらっと宣言しますが本日をもって嵐から担降りします。こんな決断をする未来があるなんて、半年前は考えてもなかった。正直嵐への想いは冷めてきてはいたけど担降りという言葉を使うほどになることは想像していなかった。

 

このSTAGEツアーは、デビュー5周年を迎えたSexy Zoneが出した過去への「答え」であり未来への「問いかけ」だと思います。この5年間辛い時間もあったと思う。それはメンバーにとってもその時期を応援してきたファンにとっても、そしてその時期に離れてしまったファンにとっても変わらない。でもその時間を無駄にしてはいけないと、受け入れたうえで成長するというこの5年間に対する「答え」、そして5人で再出発を果たし新たなスタートラインに立った5人が、また新たなファンを獲得し大きく描く未来がどんなものになるのかという「問いかけ」。そんなコンサートだったと思います。ファンの贔屓目かもしれないけどこのグループはもっともっと大きなSTAGEで輝けるグループだと実感したし、それが似合うグループです。それが何年後になるのか、どんな形であるのかはわからないけれど、Sexy Zoneの第2章という"未知"を一緒に歩いていけることにとても幸せを感じています。Sexy Zone5人の本気のSTAGEを見た今、あの時代が可哀想だったとは思わない。絶対的に必要なことだったとも思わない。いつかみんながそんな時代もあったよねと笑って話せる日が来たらいいんじゃないかなと漠然と思います。ま、当時部外者だった私が言えたことではないですけどね。

 

とにかく、明るい未来しか見えないいまの5人を好きになって、記念すべきSTAGEツアーに入れて、ほんとうによかった。幸せな時間を、幸せを約束された未来をSexyThankYou。

 

ずっとついてくよ。

明日は我が身とデジタルチケットについて早々に考えてみた

どうも、ゆんです。突然更新頻度高くないです?という声が聞こえてきそうですが。備忘録として、早くメモしておかないといろいろな問題を忘れてしまいそうなので。

 

昨日、4月8日から二日間に渡ってさいたまスーパーアリーナで開催されているジャニーズJr.祭の追加公演。荒れに荒れていますね。今までアナログ体質だった事務所の「デジタルチケット」の導入によりさまざまな混乱が生じているようですね。私自身はジュニア担ではないので最初は「大変そうだなー」くらいにしか思っていませんでしたが...いやちょっと待てよ。自分が行かない公演ではありますが、来週のジャニーズ大運動会キスマイアリーナツアーは、すでにデジタルチケットでの入場であることが決まっています。私自身は今のところSexy Zoneと嵐のいる現場に行くことしかありませんが、事務所がこれからデジタルチケットに移行していくつもりなのは明らかです。さまざまな現状を考えて、倍率が高くなると予想される公演に限られるとは思いますが、今回の「ジュニア祭りデジチケ騒動」はジャニオタをやっている限りいつ自分の身に降りかかるか分かりません。ということで自分自身のために、そしてこの記事を読んでくれているあなたのために、今回の騒動を備忘録としてまとめておくことにしました。前置きが長くなりましたが…Let's go!

 

そもそも今回使用された「デジタルチケット」と、今までジャニーズのコンサートで使用されてきた「紙チケット」とは何が違うのか。一番大きな違いは読んで字のごとく「デジタル」か「紙」かということです。今まで使用されてきた紙チケは、申込時、あるいは当選時にお金を振り込んで、公演のおよそ2~3週間前に自宅に届けられるものであり、チケットが届いた時点で券面に記載されている座席を確認することができました。そして今回使用されたデジチケは、当選時にお金を振り込んで、振込確認後デジタルチケット(=QRコード)が届けられるものでした。この時点ではあくまでもQRコードのみであり、座席は当日にならないとわからないシステムとなっています。これら2つのチケットにはメリット・デメリットあるので、一概にどちらがいいということはできません。これらのメリットとデメリットについてはまたのちほど語らせていただきます。

 

今回のジュニア祭りでの騒動を語る前に、ジャニーズのこれまでのコンサートでデジタルチケットが使用された例をひとつ挙げます。というのも、今回の騒動時にこれから挙げる例と並べて「あのときはできたのに」という論を展開している方が散見されましたが、今回の騒動と次に挙げる例とは全く以て別物であるということを先に示しておきたいからです。その例というのが、昨年4月~8月にかけて行われた嵐アリーナツアーです。こちらの公演もデジタルチケットが導入されていました。ですが、嵐アリツアで使用されたデジチケは申込時に顔写真登録があり、座席も事前にわかるようになっていました。ジュニア祭りで導入されたデジチケと嵐アリツアとは根本的に全く別物であるということを示しておきます。

 

さて、ようやく本題へと突入することができます。ここからジュニア祭りデジチケ騒動について書かせていただきますが、あくまでもネット上で拾った話ですので、真偽不明の情報も含まれています。なので自己責任で読み進めていただきたいと思います。

まず私が最初にこの騒動を知った発端となったのは「1~9列の座席がない」という旨のツイートです。このツイート主はその前に「5列以内」の座席であるとツイートしていましたので、この方の座席も存在しない座席であったということです。「座席がない」の意味が最初よくわからなかったので、たまアリの座席表を検索したところ、一部のブロックにおいては10列始まりで、1~9列がそもそも存在していない座席だったということです。はっきり言って理解できないミスではありますが...。そこで、Twitterで検索し情報を集めてまとめた結果が以下です。

QRコードを読み込む際に人数を口頭で伝える

発券された座席が潰れの(存在しない)座席であった

発券された座席に別の人が座っていた(しかもどちらも自分名義での当選)

存在しない座席に割り当てられた人は何の説明をされることなくただただ待たされる

自チケ同士の席かぶりは話し合ってどちらかが制作開放席にいけと言われる

移動した先の座席が機材で全く見えない座席だった

・返金対応になった

この中には「聞いた話」や「見た話」も含まれるので、どこまでが真実かはわかりませんが、検索結果を見る限り大方合っているかと思われます。一つ目の「QRコードを読み込む際に人数を口頭で伝える」についてですが、QRコードを読み込むとそのQRコードで入場できる最大人数とすでに入場している人数がわかるようになっているそうです。そして、口頭で伝えた人数分のチケットが渡されるそうです(もちろんその場にその人数いないとだめですが)。つまり、4枚中2枚分のチケットを他人に譲りQRコードを転送したつもりでも、相手が自分より先に「4人」と伝えて入場すれば、そこで4枚分発券されたとカウントされてしまいあとから入場する2人は入れない、という事態が発生する可能性があるようです。(こわすぎる)二つ目以降は読んで字のごとくです。文字にしてより実感したけどあまりにも酷すぎませんか。

 

ではここで、正しく運用されることを前提とした紙チケ、デジチケのメリットデメリットをまとめてみましょう。ここでは、規約やマナーを無視し、ジャニオタの実情に則ったメリットデメリットを示しています。気分を害されたら申し訳ないです。

f:id:m___myb:20170409154351j:plain

ここで挙げたメリットデメリットはあくまでも個人の独断と偏見ですので話半分くらいな感じで見ていただければと思います(無責任)。

おまけとしてこれからも「紙チケット」だろうと予想される公演とこれから「デジタルチケット」に移行すると予想される公演の条件もまとめてみました。不安な方は参考にしてみてください。

f:id:m___myb:20170409161836j:plain

 

今回のジュニア祭りデジチケ騒動、さまざまな問題が積み重なりどんどん悪い方向へと進んで行ってしまったように感じます。多くの人が、「デジタルチケットが悪い」という旨のことを書かれていましたが、それは大きな間違いであるとはっきり申し上げておきます。実際、ジャニーズ以外のアーティストは何年か前からどんどんデジチケへと移行していますが、ここまで大きな混乱を聞くことはありません。また、デジタルチケットは上記メリットにも記載した通り転売対策にはかなり有効と思われます。ジャニーズでは今後、嵐や関ジャニ∞ジャニーズカウントダウンなどはデジチケに移行するのではないかと個人的に考えています。

 

しかしながら、今回の騒動でかなり不安を抱えた人も多いと思いますし、私もそのうちの一人です。不安を抱えたからこそ今回ブログでこの記事を書きました。今回の騒動で一体何が悪かったのか。それは明らかにジャニーズ事務所コンサート事務局の準備・認識不足です。これに限ります。座席がないのにチケットを割り当てるなんて言語道断、あってはならないミスです。私が大好きな、応援しているタレントが所属している事務所ですので、大きな声をあげて批判するのは心苦しいものがありますが、ここで議論をすり替えずしっかり事務所を非難しておかないとまた同じことが起こります。絶対に起こります。直接伝えるのは難しいですが、事務所の人間もネットの動向は気にしていると思うので、今回のことに関しては声を大にして事務所を批判すべきこと。今後、悲しい思いをするジャニオタさんが現れないように。

 

今回の騒動を受けて「なぜデジチケにしたのか、転売対策か」という声もありましたが単純に紙チケだと間に合わなかったからでしょう。まあ私に言わせてみればまともにやったこともないのにデジチケなら間に合うとなぜ思ったのか疑問ですけど。そこのところも事務所の準備不足を感じますね。追加公演が発表されたのは2週間ほど前ですが、前から開催は決まっていたはずです。こんなことになるのならデジチケにするにしてももう少し余裕を持った申し込みスケジュールになるように追加公演の開催を告知すべきだったと思います。もちろん、公演中に発表する方がドラマチックだしニュース性あるしファンも盛り上がるけどそれは完璧な対応ができるようになってからやることで今の状態でやるべきことではなかったですね。これについては終わったことなので仕方がありませんが、これを踏まえて、事務所と事務局には頑張ってもらいたいです。2度目はありません。まずは来週の大運動会で、誰も悲しい思いをしないことを祈ります。

Sexy Zone 作 "STAGE" 5人の物語。

どうも、ゆんです。大体1ヶ月に1回くらいのペースで更新してます。狙ってじゃないです。たまたまです。今回の記事は現在開催中ツアーのネタバレがあります。というかネタバレしかないです。ご注意を。

 

さて、3月25日、名古屋はガイシホールから始まったツアー、Sexy Zone presents Sexy Tour 2017 〜STAGE。すでに名古屋、大阪、福岡と3会場の公演が終了し、残りは札幌と横浜ですね。

 

私も名古屋と大阪の公演にいくつか入ってきました。

 

セクゾにはまってまだおよそ5ヶ月。ちなみに1度も書いてないと思うんですが私は2016年11月12日放送嵐にしやがれ出の健人担です。これはまあおいおい。

 

話を戻して。まだ5ヶ月でこんなに素晴らしいライブを観せられたら応援するしか道はないんですよ。

 

セクゾにハマってすぐに、昨年のツアー、Welcome to Sexy Zoneを購入して観ました。普通に面白いライブですが、良くも悪くもTHE アイドルという印象。それ以上でもそれ以下でもない。ウェルセクを観た限りでは、セクゾはどこにでもいるアイドルグループだなぁ、と。それくらいの印象でした(ただお顔が抜群にかっこよくて歌も割とうまくて面白いグループ)。

 

そして迎えた3月26日13時。ネタバレ一切なしで臨んだ初めてのSexy Zoneのコンサート。5人の作るステージにただただ圧倒されました。たかだか2時間半という短い時間に、5人の過ごした5年間がぎゅっと詰まっている、そのように感じました。まさに5TAGE

 

オープニングからさすがの菊池P。サマパラを観たときも思ったけど映像の使い方がうまい。登場するまでに会場のボルテージを上げるのがうまい。

 

そしてこの物語は最新曲ROCK THA TOWNで始まる。5人が過ごした時間が作り上げた、新たな武器とも言えるこの楽曲から始まる物語。最高かよ

 

RTT、Celebration!、と新しめの曲で盛り上げたと思ったらHigh!!High!!People。会場の一体感をここで作るという。流れも上手い。初期の曲で盛り上げたところでMiss Mysterious、Love Confusionというセクゾの中でも大人っぽい曲ベスト5くらいには入りそうな2曲で雰囲気を作る。

 

マリちゃんの英語の小芝居が入って勝利ソロWhy?いやかっこよすぎだろ。デビューしたときあんなにかわいい何もできなそうな美少年だったのにいつの間にこんな大人の表情できるようになったのだろう…?5年という月日の流れはなかなか恐ろしい。

 

そしてこのあとの流れが誰がなんと言おうと最高。勝利ソロ「まだ見ぬ景色」、風磨ソロ「FaKe」、聡マリ「雨だって」、健人ソロ「CANDY」の映像とともに現れる1Player2Playerの文字。そしてどちらを選択する?といった感じで最終的に出てくる5Playerの文字。何が始まるのと思っていたら始まる健人ソロ曲……ん?5人いるぞ

 

そう。5人のTeleportation。会場の割れんばかりの歓声がその興奮を示していた。5人のTeleportationで、驚いたのはこういうふまけんしか(ていうか健人くんしか)似合わなそうな楽曲をちびーずがちゃんと歌いこなして、Teleportation/Sexy Zoneを完成させていたこと。聡マリちゃんの高くて透き通った美しい声がスパイスを与えていた。というか、キミのことを考える (I'm missing you)のパートをそうくんに与えた人天才では!?!?何回聴いても痺れた。ポニキャさんぜひとも音源化をご検討ください

 

最高が続くんで最高という表現しかできないんですが(語彙力の欠如)、ここからの流れも最高なんですよね。Silver MoonとKQJのオルゴール音に合わせて踊る操り人形もといSexy Zoneレーザーの演出すごいよねあれで糸を表現するんだからさ。たまにレーザー突き抜けて慌てるメンバーの姿もよきかな。特に勝利くんは本当に抱きしめたいくらい可愛いんだよ、若干ミスったときの表情が。というのは置いといて。操り人形たちが中央に集まって始まるKing&Queen&Joker。会場の一体感も作れて盛り上がる、今後セクゾちゃんが爆売れしたときに初期の名曲として語られるに値するライブの定番楽曲ですよね。嵐さんでいうハダシの未来的なね。そんな感じがします。そして曲が終わるとまた操り人形に戻っていく彼ら。

 

そうくん以外のメンバーがはけて、そうくんのダンス。うまいなぁ。と思ってたら次々とコスプレJr.達。始まる曲はダンケ・シェーン♪マリちゃん……可愛すぎか………。身長が誰より大きくなっても、可愛いという感情しか抱かせないマリちゃんの天使性には驚かされるばかりです。でも最近は大人の色気のある表情を見せることも多くなりましたね。これからが楽しみだけどお姉さん心配です(何がだよ)。ちなみに4/2の1部でお花を持つところミスってしまった表情が途轍もなく可愛くて、みんな見てくれ。

 

そしてよびすて。マリちゃんさっきまでソロやってたのに、勝利が歌い始める頃にはもう立ち位置付いてて。そういうつなぎにもこだわったんだな……衣装替えではける時間すら惜しむその姿勢が素晴らしい……。そんで衣装が素敵すぎません?白スーツの王子様が5人……。ありがとうございます……。ちょっと脱線して個人的見解なんですけど…私はもともと嵐オタをやってたこともあって、セクゾちゃんのデビューといえば嵐と一緒に出てたMステの白衣装のイメージなんですよね。あのときはみんな着せられてる感すごかったのに、今はみんなちゃんと着ている。着こなしている。Sexyになれたんですね……。

 

しっとり聴かせる曲が来たなぁと思いきやお次はLadyダイヤモンド新旧の曲の緩急がお上手ですね本当に。私たちがLadyダイヤモンドって言ってくれるダイヤモンド級の美男子中島健人尊い一択。そしてここからアリトロに乗って移動する王子様たち。え、アリトロ近くない??(スタンドから見てて驚きを隠せなかった)。アリーナ構成出たときにセンステなし、外周なしに結構文句出てたけどこの文句を言わせない構成ね。何と言ってもジュニア担を寄せ付けない構成。ジュニアがいるのはほとんどメンステだけなので、スタンド席やアリーナ席後列には需要がない。5人でやる、という決意が現れた構成だとつくづく感じた(なぜここで構成解説?とのツッコミは置いときます)。

 

アリーナBC間にトロッコがとまってキャラメルドリーム。とにかくかわいい!某SNOWアプリ風の顔はめ、本家と違って自分たちでハメにいかないといけないから、必死で合わせようとして段々と無表情になっていくちびーず愛しさしかない。そしてふまけんがふまけんしている奇跡。あんまり顔はめしっかりする気のなさそうなおふたり。健人くんの だけど目の前のたった一人に 今は無我夢中 のパートで見つめ合うふまけん……!ふまけん蜜月期最高かよ。……まあ私自身、8.25事件よりあとにファンになったのでふまけんの氷河期やら風磨くんの反抗期やらは実感をもって体験しているわけではないのですが、それでもいろいろな話を見たり聞いたりしている限りこのキャラドリは奇跡なんですよね。ふまけんが仲良しなSexy Zoneは最強だし、本気で嵐の位置を狙える可能性を秘めていると思うんですよ。なのでふまけんにはこのまま仲良くライバルで切磋琢磨していってほしいです。よろしく。

 

そしてアリトロでバクステまで移動。ここでは、昼公演がぶつかっちゃうよ、夜公演がHey you!。どちらの曲もファンに人気の曲だしテンション上がる。ぶつかっちゃうよの見所はもちろんそうくんの全力ダンス。何回見ても笑えます。Hey you!の見所はなんといってもSexyツムツム。つまれちゃう美男子たち最高。公演によってアクションが変わっちゃうのもまたよいところ。風磨くんが乗らなかったり健人くんが腕立てしてたりカオスすぎる。

 

ここからMCタイム。え、公演もう折り返しですか??テンポ感がよくて、ここまでとてもはやく感じていました。まあここからも一瞬で過ぎ去ってしまうんですけどね。

この人たちのすごいところは、顔面が美しいので歌って踊るだけでとりあえずアイドルが成立するのに、話がめちゃくちゃ面白いってところです。MCは毎回お腹抱えて泣きそうになりながら聞いていました。あー。セクゾちゃんのバラエティー観たいなー。ところで冠番組はまだですか?

 

MCも半分ほど終わったところでトロッコでメンステまで移動する5人。アリーナのうちわなどを見てわちゃわちゃ話す5人。勝利の国宝が通るぞ芸もここで見ることができます。メンステでは主に宣伝をしていました。高確率で心が叫びたがってるんだ。の坂上拓実を噛んでしまう中島健人くん。もうダメだ俺〜ってなっちゃう健人くん可愛すぎて持って帰りたい。

 

CM、映画の番宣をする中で風磨くん、RTTの告知をしていました。オンリーワンもいいけどナンバーワンになろうよと、初回Bの特典でも言ってたしここでも言ってたんだけど。今回のライブに参戦して、セクゾちゃんは今よりもっともっと上に行けるグループだし、連れて行ってあげたいグループだし、連れて行ってくれるグループだと、お世辞でなくてそう思いました。ROCK THA TOWNが、前作超えで1位になったこと。これはSexy時代を創り出す物語の序章だと捉えてます。ここからはじまる Sexy Zone

 

MCが終わって次は健人くんピアノ、勝利くんギターの君だけFOREVER。3/26の1部で判明しましたが、ピアノは俺のブルーアイズらしいです。以後お見知り置きを。3/31はここでマリウスのバースデーサプライズ。君だけFOREVERを始めるのと同じように目配せしたけんしょり。流れてきたのはハッピーバースデー、そして舞台下からケーキも登場。驚くマリちゃん…可愛すぎか!ふまそうまりは、大阪前日入りしてラジオ出演をしていたそう。そこで、「マリウス、今日、誕生日」という話題が出たときは、翌日のサプライズを思ってあまり祝わなかったそうで。プレゼントに関しても、東京帰ってからな、と言ってたのに、コンサート中に渡すサプライズ…!お兄ちゃんたち素敵すぎます!マリちゃんのびっくりマリウス!も可愛いし、それにつっこむ風磨くんの優しい顔……。マリウスがありがとう、と寄っていって自然に肩を組む5人……なにこの空間愛おしすぎる。マリちゃんにとっても、ファンにとっても最高のバースデーサプライズでした。

話が少し脱線しましたが……君だけFOREVER。ただただいい!Sexy Zoneってあれでしょ?夏なの?クリスマスなの?みたいなトンチキな歌ばっかり歌ってるグループでしょ?」って思ってるそこのあなた!!!この曲とりあえず聴いてみてください。よく聴いたら???な歌詞をとってもしっとり歌い上げるセクゾさんは必見。っていうか平均的にみんな歌上手いな(知ってたけど)。

 

めちゃくちゃ長くなりすぎて恐縮なんですがここから更に長くなると思うんですよね。もう話の落としどころが見えなくて心折れそう。君だけFOREVERの次はSexy Zooのコーナー。ふまけんしょりが残って着ぐるみたちと踊ります。彼らがはけたところにトラとパンダが。ここでかわいいSexy Zoneコールコーナー。そして始まるのが、聡マリちゃんのSweety Girl。トラ(小さい)とパンダ(大きい)のサイズ感がたまらなく可愛い。そして一体、また一体と増えていく着ぐるみたち……最後の方に現れた3体はなんと、ふま(ウサギ)、けん(リス)、しょり(ライオン)!激かわZoneとはこのこと……。歌の雰囲気に合わせて可愛く頭部分を持って歌うけんしょりに対してうさ耳部分を持って歌うサイコパスふまさん。着ぐるみひとつでここまで色を出せますか個性あふれる可愛いパフォーマンスに沸いてたら突如始まる白幕隔てた生着替え!名古屋のときはメンステから遠くて着替える影を見てただけなんですが、スカート!?!?という衝撃。え、なになに……と思っていたらまさかの私のオキテーーーー!!ダニーちゃんかわいい!健子ちゃん仕草が女子ドル!!風子ちゃん美女!!マリ子ちゃん健康的美少女!!聡子ちゃん踊りが男子!!会場のボルテージはどの公演でもここがマックスだった気が。みんな女装好きだね。てか、ダニー健子風子の足の細さが異常すぎた。羨ましい。大阪はメンステ横の席が多くて、みんな(主に健人くん)の着替えを見てたんですが、徐々にお着替え上手になっていくのが悲しくもあり嬉しくもありました。あぁ成長ってこういうこと……(違う)。4/1の1部は健子ちゃん(下手)側メンステ寄りのお席でしたが……幕内側からスタンドに向かってしっかり目線合わせる健人くん好きです。

 

可愛い曲2曲続いたね?可愛いZoneなのかな?と油断してたらIt's Going Down!(5人)だね???意外とマリウスがこの曲に合うよね!?Sexy革命だね!?いやほんとマリちゃんこういう曲も積極的に歌っていってほしい所存。

 

そうくんソロBreak out my shellはそうくん沼堕ちホイホイでしかない。まずイントロ始まる瞬間にモニターに抜かれるそうくんの色気あふれる表情。そんでガシガシ踊ってあのハイトーンボイス。そうくんは間違いなく底なしの沼です。そうくんの担当増えたんじゃないの…?となんとなく思ってたんですがやっぱりそうですよね。だって沼だから(しつこい)。

 

そしてここでセクゾ担が大好きなRTT通常盤カップリングSlow Jam。これまでにも他のアーティストのライブで発売前の曲を聴いたことがありますが、ここまで惹きつけられたのは初めてです。大人になったんだねSexy Zone。こんなオシャンティーな曲を聴けるなんて感無量。しかも似合っちゃうという……。なにこの可愛いもかっこいいもエロいも兼ね備えたグループ……。最強すぎませんか?売れないわけありませんよね?絶対売れるよね???(うるさい)ていうかこの曲基本的に健人くんしか見てなくて他のメンバーがどんなアクションをしていたのか全くわかりません。ごめんなさい。(笑)

 

次は風磨ソロ。昼公演が...moreで夜公演がrouge。どちらもまさかの生着替え!!白シャツどエロい!!...moreの風磨くんは本当にただただ優しい彼氏感。付き合いたい。あんな表情で見つめられる風磨の彼女、前世でどれだけ徳を積んだらなれますか?君の名前は?

そしてrouge。これは……ある意味問題作。ねぇ風磨くん……?あの腰振り……完全にヤッてますよね??これさぁ……S○Xを知らないお子様に「ねえなんであそこでみんな盛り上がるのー?」って無邪気に聞かれたお母様何て答えるの……?ただただ疑問。あ、どエロいセクゾちゃん大好物ぺろぺろな私はいいぞもっとやれ風磨!!って感じで美味しく頂きました♡

 

お次はバクステから、ブルゾンけんと。健人くんハマりすぎやろ……?Hey!Summer Honey……個人的にはサマパラのモルフォ風健人くんが可愛くて大好きなので最初あの衣装にはんー?って感じでしたが健人くんは何をやってもかっこいいし可愛いな自担に甘々な私なので早着替え♡かわいい♡とかいうよくわからない萌えポイントで楽しんでおりました。この曲歌う健人くんは本当に美しいですね。尊い。好き。健人くん歌いながらメンステに移動して、Stand up! Speak out!歌い出し歌って衣装替え。その間に他の4人がアリトロぐるぐる。たまに着替えが次のパートに間に合わず健人くん声だけお届けしてて可愛かった。スタスピは発売前にオタクにみんな歌って!って煽るっていうね…いくらオタクでもそんな曲芸できませんって風磨さん!!…んまあこの曲、新社会人を迎える私、新生活の応援ソングとして重宝してます♡

 

そして勝利の日まで。今回のグッズに多用されているそうくん作のくまさん、セクベアちゃんの登場。勝利をつかめ!じゃんけん大会の始まりはじまり〜〜。次の曲で豪華ソロパートをプレゼント、というこの企画。圧倒的勝率のマリウスさん……!6公演入ってそのうち3回マリウスさんだからね……。次の曲は、本来なら勝利ソロから始まるSexy Summerに雪が降る。4/2の1部で、マリちゃんが 〜Such a beautiful nightとアレンジ(?)。その結果バクステからメンステ戻る過程でわちゃわちゃと文句言い合うセクシーゾーン。可愛すぎか!?可愛すぎかて!?!?最後のセリフの勝利くん時間がない芸も好きです。学習しないセクシーゾーン。

 

メンステに戻って歌うのはWith you。これ、デビュー当時からのファンには鳥肌もんの感動だろうなぁ〜〜と。それを想像しただけで泣けるなぁ〜〜。5人が様々な思いを持ちながら夢を預けたSexy Zoneのはじまりの曲のうちのひとつ。3人体制とかふまけん氷河期とか色々あった中で、また5人での再出発を誓う一曲。こんなドラマチックな展開のコンサート今までにありました?いやない。本当に、覚悟とか決意とか、感謝とか様々なセクゾの気持ちが込められたコンサートだなと。

 

そしてここで最後の挨拶。いちばん心に残ってるのは、どの公演でもまず最初に口にしていた勝利くんの5周年のコンサートを5人でできているという言葉。当たり前のように聞こえるこの言葉が当たり前じゃなかった5人。そのセンターを担う彼にとって5人であるということはとても深い意味を持つことなんだろうな。それは私たちファンには到底想像できないことなんだろうけど。もちろん、ファンにとって5人であることはとても重要なことだけど。経験値的には聡マリと大差ないのにセンターに立たされることとなった勝利くん。ふまけんという絶対的シンメと3人で活動しなければいけなくなった勝利くん。孤独と重圧があの肩に乗っかってたのかと思うと心が痛くなる。でも、こんなに強い絶対的センターが出来上がりました!彼が真ん中にいるかぎり、Sexy ZoneSexy Zoneであり続けるんだろうという確信に近い予感があります。

 

そして5人の想いが詰まったSTAGE。これについては何も語るまい。とにかく聴いてください。

 

ここでライブ本編が終わって一度はけるメンバー。最後のメイキング的エンドロールもいいですね。余韻で終わる、エンドロールまでちゃんと観てから拍手が起きる。とてもいいコンサートです。

 

でもね、最高はまだあるんですよ??アンコール1曲め。ファーストコンの映像が流れる……そしてデビュー当時の衣装で登場する5人……そしてはじまるデビュー曲……何この演出新規でも燃える……この、5人の5年の物語の集大成をここで見せつけられるとはね!?菊池P最高かよ!?!?とにかく沸く会場。会場のボルテージが上がったところで5人がスタトロへ。カラフルEyesとMake my dayを歌ってメンステへ。そしてCongratulations。みんな歌って?と会場に合唱させる風磨くん……歌えたらうまいじゃんって褒めてくれる風磨くん………一生ついていきます……

 

本当に、本当に、5人の5年の物語、STAGE。楽しいことばかりじゃなかったと思う。むしろ辛いこと悲しいことの方が多かったかもしれない。でもその日々(=TAGE)も、糧となって実を結ぶときがようやくやってきたんだろうな、とそう感じるコンサートでした。3人体制時代は思い出したくないファンも多いと思うし、メンバーも少なからずそう思ってるんだろうと思います。けれど、その日々も今の、これからの、Sexy Zoneをつくっていくと思うととても愛おしい日々に思えてきます。私は新規で、5人に戻ってからなので、ずっとついてきたファンの方は何言ってんだこいつって感じだと思うけど、今回のツアーSTAGEに参戦して、そう感じました。これからどんどん強くなるであろうSexy ZoneにCongratulations。

 

Make a wish , make sexy , make happy .

STY!

ずっとしがみついていたかった存在。

どうも。ゆんです。

 

前にも書いたかもしれないんですけど私にとって初めて好きになったジャニーズは嵐です。この事実は今後私が誰を好きになって誰を応援していこうと一生変わりません。初めて好きになったジャニーズが嵐でよかった。相葉雅紀でよかった。

 

嵐だけを応援していた数ヶ月前。

 

本気でそう思っていました。

 

でも、心の奥深いところでは、きっと。何かが変わっていたのかもしれないと、そう思います。

 

他の誰かが気になっていたわけでもなく、「あ、担降り、しようかな」と思う瞬間がありました。

後輩グループを引き連れてのワクワク学校。

 

嵐だけが決めたことじゃない。わかっていても、なぜ嵐ファンでさえ希望する全員が入れるわけでもないイベントに後輩グループを連れてくるのか。邪魔だな。後輩グループのことは嫌いじゃないのに、嵐も、後輩グループも、嫌いになりそう。なんでこんなことするの。心のどこかからそんな非難の声が聞こえていました。

 

そして見事に全滅。

お友達が譲ってくれたチケットで入ることができたものの、もしこれで入れていなかったら。私はもう2015年のあの時点で嵐からは降りていたと思います。降りていなかったとしても、離れていたと、断言できます。(ちなみに2016年もまったく同じでした。笑)

 

 

 

あるときから、コンサートに行ってもアルバム曲を除いた曲のラインナップが変わり映えしなくなりました。歓声をあげながら、本音ではまたこれか。もういいのに。の繰り返し。めいいっぱい楽しみたいのに、どこかで楽しめない自分。そんな自分が嫌でした。

 

 

 

そして相次ぐスキャンダル。

わかっています。嵐ももう30代で。いつ結婚してもおかしくないし、もちろん自分が結婚できるなんて、思っていません。いい人に出会えたなら、結婚してほしいし、祝福したい。

 

でも、そうは思えなかった。

自分の彼女の飼い犬がモチーフのTシャツをデザインした大野智

ファンがどれだけネットで不満を述べても、彼女のことを悪く言っても、事務所も本人もまったく無反応の二宮和也

二股が報道されて、相手のことを知らないと言い放った松本潤

慎重派、と言われながら11日間も追跡された挙句2ショットを押さえられた櫻井翔

 

上にあげたことが、事実ではないかもしれない。けれど、一度事実として流れてしまった情報は、私の心のどこかに黒い渦となって生き続けてしまいました。

 

ここ1、2年で出たスキャンダルのどれも、ファンのことを考えている人たちから出る行動ではないような気がしてならないのです。

 

 

 

私は、アイドルにはいくつになってもアイドルでいてほしいと思っています。ファンのための"彼"であって、誰かひとりのための"彼"の姿は、ファンには、表には、見せてはいけないと。そう思っています。

多くのファンはアイドルとしての彼らを応援しているのであって、人間としての彼らのすべてを応援できるわけではない。

上手く表現できないけれど、これが私の気持ちなのです。

 

 

嵐さん。気づかないふりしてたけど。本当に、スキャンダルが多いグループだと。つくづく思います。過去にスキャンダルが出てた時期は私は嵐の存在を知らなかったり、好きになってすぐだったりで、あまり気にならなかったけど。改めて見ると結構ありますね。

 

 

ファンはいつでも待っている。そんなことはありません。追いかけていかなければ離れていく存在です。

 

口では何とでも言えます。コンサートが毎年できるのは当たり前じゃない。態度で示して欲しかったです。あっと驚くセットリストが見たいです。打ち合わせでもめちゃったエピソードとか聞きたいです。イエスマンになっているメンバーは本当にいませんか?メンバー全員が本当に納得したコンサートを作れていますか?

 

 

2014年11月27日 デジタリアンツアー大阪公演初日。

前日のベストアーティストの投票企画で負けて披露されなかったtruthの話題が出たMC。観たい、聴きたいの大合唱となった会場にニノが放ったひとこと。「Jが怒っちゃうから」。これが、すべてだなと感じたひとこと。あのときの落胆を、私は忘れません。

 

 

これから私は茶の間ファンとして、貴方たちの表面をなぞります。

いつかまた、私が本気で嵐を好きだったあの頃の気持ちに戻れるような、素晴らしいコンサートを観られる日まで。